子宮外妊娠について

*

子宮外妊娠.com

子宮外妊娠に関する情報まとめサイト

子宮外妊娠について

子宮外妊娠とは、本来子宮の内側である子宮内壁に着床するべき受精卵が子宮以外のところに着床して妊娠することを言います。

子宮外妊娠の98%は卵管に着床する卵管妊娠ですが、実はこの卵管妊娠は非常に危険な状態で、そのまま胎児が成長すると卵管が破裂し腹腔内に大出血をして場合によってはショック症状を引き起こしてしまうことがあります。現在では精度の高い妊娠検査薬や腹腔鏡検査によって早期発見や早期治療ができるようになりましたが、医療技術の進んでいない時代は女性の死因の上位に来る病気でした。

妊娠する人の約1%が子宮外妊娠であり、症状としては不正出血や腹痛などが挙げられますが、自覚症状がない場合もあります。「体調に変化はないし、きっと大丈夫だろう」と安易な自己判断はせず、妊娠の可能性があるときは早めに病院で診察を受けてください。

性病感染や中絶を繰り返したことによる卵管の炎症、過去の手術による腹腔内の癒着などが子宮外妊娠の原因だと言われています。

子宮外妊娠と診断された場合は卵管破裂を防ぐために腹腔鏡などで卵管切除の手術を行うのが一般的ですが、片方の卵管を切除しても妊娠は可能です。卵管切除後に自然妊娠している人はたくさんいますし、両方の卵管を切除した場合でも体外受精によって妊娠・出産している人はたくさんいます。必要以上に悲観することはありません。

子宮外妊娠も妊娠の一種ですから、一度その状態になるとホルモンバランスに乱れが生じます。「赤ちゃんを産めなかった」という精神的なショックもホルモンバランスを乱す一因です。ホルモンバランスが乱れると無月経や月経不順が起こる場合があり、これらは次の妊娠に影響を及ぼします。 

「早く妊娠したい」と焦る気持ちもあるかと思いますが、まずは自分の体を健康な状態に戻すことが大切です。処置した後は心身共にゆっくり休養をとるようにしましょう。

子宮外妊娠.comは、子宮外妊娠という病気について多くの人々に知ってもらうことを目的に、無料で情報提供を行っています。病気のことでお悩みの方の手助けに少しでもなれれば幸いです。