子宮外妊娠の症状|子宮外妊娠の基礎知識

*

子宮外妊娠.com

子宮外妊娠に関する情報まとめサイト

TOP > 子宮外妊娠の基礎知識 > 子宮外妊娠の症状

子宮外妊娠の症状

子宮外妊娠をしたときに腹痛や頭痛、胸やけなどの症状がある場合もあれば、逆に全く何の症状もない場合もあります。

ここでは、子宮外妊娠で現れる症状についてご説明します。

外部からはわからない主観的な変化

子宮外妊娠をしたときに現れる症状としては、頭痛や腹痛、胸やけなどがありますが、これらは必ずしもすべての人に現れるわけではありません。

頭痛だけがある人もいれば、少しお腹が痛くなっただけ、という人もいますし、中には全く何の症状も現れなかったという人もいます。

そのため、症状から子宮外妊娠だと判断することはまず無理だと言ってもよいでしょう。

病気判定のポイント

上記のような症状の中で子宮外妊娠であるがために起こっている可能性があるのは、腹痛のみです。

子宮外妊娠は、狭い卵管内で胎児が成長していくため、進行するにつれて腹痛を感じることが多くなります。

卵管がその大きさに耐えられずに卵管破裂を起こすと、激痛と共に腹腔内に大出血をして命の危険があるため緊急手術となるほど。

スポンサーリンク

そのため、妊娠反応が陽性であるにもかかわらず、しかるべき時期になっても子宮内に胎嚢が確認できない状態で、腹痛を感じることが多いとなると、子宮外妊娠が疑われるのです。

通常の妊娠時と症状はほぼ同じ

一方、子宮外妊娠は受精卵が着床した場所に問題があるだけで妊娠自体は成立している為、その時点で妊娠反応が起こるようになります。

その結果、ホルモンバランスが急激に変化し、頭痛や胸やけなどを起こすようになるのです。

いわゆる、「つわり」が始まるということです。

つわりが始まると、頭痛や胸やけなどの他、臭いに敏感になったり、吐き気を催したりする場合があります。

こういった症状は、正常妊娠で起こる初期症状と同じですので、症状から子宮外妊娠だと判断することはできませんが、妊娠に気づくきっかけにはなるでしょう。

子宮外妊娠は、早期発見によってかなり体への負担を減らすことができます。

妊娠の可能性から病院で診察を受けることが、子宮外妊娠の早期発見の第一歩ですから、こうした症状が現れた時は、妊娠を疑ってみましょう。

スポンサーリンク

「子宮外妊娠の基礎知識」の関連記事

子宮外妊娠とは
子宮外妊娠という病名はよく耳にしますが、実際にはどんな病気か知らないという人も多いのではないでしょうか。 ここでは、子宮外妊娠とはどんな病気かをご説明します。 通常の妊娠とどう違うの? 子宮外妊娠とは、その名の通り子宮の […]
子宮外妊娠の兆候
子宮外妊娠の早期発見が難しいのは、その兆候がわかりにくく、人によっては現れないこともあるためです。 ここでは、子宮外妊娠とその兆候についてご説明します。 外部から見てわかる客観的な変化 子宮外妊娠は、早期発見や早期診断が […]
子宮外妊娠の原因
子宮外妊娠が起こる原因にはいろいろありますが、卵管の炎症や、過去の手術による卵管の癒着、性感染症などが有名。 このページでは、子宮外妊娠が起こる原因についてご説明します。 子宮外妊娠が起こる原因 子宮外妊娠の原因は、人に […]
子宮外妊娠の治療法
子宮外妊娠だと判明したら、卵管破裂を防ぐためにも早急に適切な治療を行うことが必要です。 治療としては、待機療法や手術療法、薬物療法などがあり、状態によって使い分けられます。 子宮外妊娠の主な治療法 昔は子宮外妊娠をしても […]