クラミジアとの関係|子宮外妊娠の原因

*

子宮外妊娠.com

子宮外妊娠に関する情報まとめサイト

TOP > 子宮外妊娠の原因 > クラミジアとの関係

クラミジアとの関係

子宮外妊娠の原因のひとつは、クラミジアという性病です。

まさか性病なんて、と思うかもしれませんが、実はクラミジアは非常に感染率の高い病気。

ここでは子宮外妊娠とクラミジアについて説明します。

クラミジアとは

子宮外妊娠の原因はいくつか考えられますが、その中でも比較的多いのが、クラミジアという性病です。

性病なんて自分には縁がないと思っている人も多いかもしれませんが、実はクラミジアは日本で最も感染者が多い性病で、国内だけの感染者数で100万人以上と言われます。

若い人の感染者が多く、感染者の70%以上は10代や20代。

性行為で感染はしますが、比較的自覚症状を感じにくいため知らないうちに感染し、そのまま人に感染させてしまうことの多い病気なのです。

感染は、クラミジアトラコマティスという病原体によって起こり、女性の場合は子宮頸管から腹腔内に侵入していきます。

主な症状としては、おりものの増加や不正出血のほか、性交時あるいは日常的に下腹部に痛みを感じることですが、何の自覚症状もない人も少なくないので、自覚症状がないからといって感染していないとは限りません。

スポンサーリンク

この病原体は徐々に広がっていき、卵管に達すると卵管に炎症を起こしてしまうため、受精卵のスムーズな移動を妨げて子宮外妊娠の原因となるのです。

クラミジアの感染有無を調べる方法

クラミジアによる子宮外妊娠を防ぐには、感染していないかどうかの検査を行って、感染していたら速やかに治療を行うこと。

検査は分泌物を調べるだけなので体に負担がかかるものではありませんし、治療といっても1週間程度薬を飲むだけです。

感染していた場合にはパートナーも一緒に受診し、感染の可能性を検査しましょう。

診察を受けるのは、男性は泌尿器科、女性は産婦人科が一般的ですが、一緒に受診するのであれば、どちらの科に行っても大丈夫です。

病院での診察に抵抗があるという場合には、性感染症検査セットという自宅で検体採取を行い、郵送で判定してもらえる検査キットもありますので、そういったものを活用してもいいでしょう。

匿名での検査もOKなので誰にも知られることなく性病検査を受けることができます。

スポンサーリンク

「子宮外妊娠の原因」の関連記事

中絶との関係
中絶は、子宮外妊娠の原因にも関係しているため、出来るだけ避けるとともに、炎症を起こさないようにその後のケアをしっかり行うことが大切です。 ここでは、子宮外妊娠と中絶についてご説明します。 中絶が女性の体に及ぼす影響 何度 […]
帝王切開との関係
帝王切開も開腹手術のひとつですから、その後の妊娠時に子宮外妊娠を起こすリスクは高まります。 しかし、まずはお腹の母子の無事が最優先。 ここでは、帝王切開と子宮外妊娠の原因についてご説明します。 帝王切開が女性の体に及ぼす […]
タバコとの関係
タバコを吸う人は吸わない人に比べて、子宮外妊娠のリスクが倍以上になると言われています。 胎児の成長に影響することで知られていたタバコですが、子宮外妊娠の原因にもなっているとは驚きです。 タバコが女性の体に及ぼす影響 タバ […]
原因不明の場合
子宮外妊娠の原因はいろいろ考えられますが、実際には原因不明というケースもたくさんあります。 また、卵管造影剤を使っての検査が良好でも、卵管妊娠を起こしたというケースも存在します。 一番可能性が高いのは「卵管の炎症」 子宮 […]