中絶との関係|子宮外妊娠の原因

*

子宮外妊娠.com

子宮外妊娠に関する情報まとめサイト

TOP > 子宮外妊娠の原因 > 中絶との関係

中絶との関係

中絶は、子宮外妊娠の原因にも関係しているため、出来るだけ避けるとともに、炎症を起こさないようにその後のケアをしっかり行うことが大切です。

ここでは、子宮外妊娠と中絶についてご説明します。

中絶が女性の体に及ぼす影響

何度も中絶を繰り返すと子供が産めなくなると言われることがありますが、その理由のひとつが子宮外妊娠のリスクが高くなるということです。

中絶は、受精卵が子宮に着床し、成長をしている段階で掻把するのですから、どうしても子宮内に傷をつけてしまうことがあります。

もちろんその場合は炎症を起こしたりしないよう、その後一定期間服薬などを行うのですが、こうした処置が適切に行われなかった場合に、卵管に炎症が起こり、そのまま妊娠すると子宮外妊娠になることがあるのです。

つまり、中絶による子宮外妊娠は、何度も中絶したことと言うよりは、中絶そのものがスムーズに行われなかったり、中絶後の炎症を抑える処置が不十分であったことが原因。

もちろんどんなにしっかり処置を行っても炎症を起こすことはありますので、何度も中絶を行うとその分リスクは高まるということになります。

スポンサーリンク

さまざまな理由で中絶を行うのは仕方のないことですが、その場合には信頼できる医師の処置を受けることと、処方された薬はしっかり飲みきることが大切。

卵管の炎症は自覚症状がない場合が多いので、子宮外妊娠をして初めて発覚するということも多いのです。

中絶経験がある場合は素直に申告することが大切

とはいえ、中絶経験があっても、普通に妊娠、出産を行っている人がほとんどですので、中絶したことがあるからといってむやみに心配する必要はありません。

逆に考えれば、中絶したということは妊娠しやすい体であるとも言えますから、卵管異常さえなければ再び妊娠できる可能性は高いです。

ただし、子宮外妊娠のリスクがあることを考慮に入れるためにも、産婦人科にかかるときは中絶したことがあるということは正直に医師に伝えるようにしましょう。

婦人科や産婦人科の問診票には、中絶経験の有無を記入する欄があるのが一般的なので、そこに丸を付けるだけですし、体にトラブルがない限り、医師からそのことについて問いただされることはまずありません。

いざという時にスムーズに処置を受けるためにも、正しく情報を提供することが大切です。

スポンサーリンク

「子宮外妊娠の原因」の関連記事

クラミジアとの関係
子宮外妊娠の原因のひとつは、クラミジアという性病です。 まさか性病なんて、と思うかもしれませんが、実はクラミジアは非常に感染率の高い病気。 ここでは子宮外妊娠とクラミジアについて説明します。 クラミジアとは 子宮外妊娠の […]
帝王切開との関係
帝王切開も開腹手術のひとつですから、その後の妊娠時に子宮外妊娠を起こすリスクは高まります。 しかし、まずはお腹の母子の無事が最優先。 ここでは、帝王切開と子宮外妊娠の原因についてご説明します。 帝王切開が女性の体に及ぼす […]
タバコとの関係
タバコを吸う人は吸わない人に比べて、子宮外妊娠のリスクが倍以上になると言われています。 胎児の成長に影響することで知られていたタバコですが、子宮外妊娠の原因にもなっているとは驚きです。 タバコが女性の体に及ぼす影響 タバ […]
原因不明の場合
子宮外妊娠の原因はいろいろ考えられますが、実際には原因不明というケースもたくさんあります。 また、卵管造影剤を使っての検査が良好でも、卵管妊娠を起こしたというケースも存在します。 一番可能性が高いのは「卵管の炎症」 子宮 […]