タバコとの関係|子宮外妊娠の原因

*

子宮外妊娠.com

子宮外妊娠に関する情報まとめサイト

TOP > 子宮外妊娠の原因 > タバコとの関係

タバコとの関係

タバコを吸う人は吸わない人に比べて、子宮外妊娠のリスクが倍以上になると言われています。

胎児の成長に影響することで知られていたタバコですが、子宮外妊娠の原因にもなっているとは驚きです。

タバコが女性の体に及ぼす影響

タバコを吸うと、全身の血行が阻害されたり、胎児の成長が妨げられ、低体重児になる確率が高くなることは有名な話。

これは、女性自身が喫煙者である場合だけではなく、身近に喫煙者がいる場合も同様です。

タバコの煙には有害物質が含まれている為、この煙を吸うことで体に悪影響が起こるのです。

タバコを吸うことによって子宮外妊娠が引き起こされる確率が2~4倍になるという研究結果も発表されています。

ただし、統計的にタバコを吸う女性が吸わない女性に比べて子宮外妊娠になる率が高いということは確かですが、その原因についてはまだ解明できておらず、諸説あるのが現状です。

卵管に悪影響を及ぼす成分

例えば、タバコに含まれるニコチンが、卵管の組織に働きかけて、子宮の内側のような状態にしてしまうという説があります。

スポンサーリンク

そのことによって、卵管を通っている受精卵が、子宮にたどり着いたと勘違いして着床してしまうというものです。

また、喫煙女性は卵管の内壁が凸凹になって、受精卵が通りにくくなっているという説もあれば、逆に卵管の構造自体には喫煙女性も非喫煙女性も変わりはないという説もあります。

その中でも有力なのが、ニコチンによって増加する「PROKR1」というたんぱく質が、卵管の筋肉の収縮を妨げるのが原因だという説です。

受精卵は、卵管を通って子宮に移動しますが、その時には精子のように自力で移動をするわけではありません。

卵管収縮することによって内壁の繊毛が受精卵を徐々に子宮に移動させるのです。

卵管の収縮は筋肉によって行われますので、その働きが阻害されることによって卵管内で受精卵が立ち往生してしまうことになります。

身近な人達の配慮が必要不可欠

こうしたタバコによる子宮外妊娠へのリスクは、妊婦が自分で吸うだけではなく副流煙からも当然高まります。

妊娠を望む女性が自分は吸わないように気を付けていても、パートナーが近くで喫煙していては同じこと。

男性も、自分が吸うタバコの煙がパートナーのリスクを高めているという自覚を持つことが必要でしょう。

スポンサーリンク

「子宮外妊娠の原因」の関連記事

クラミジアとの関係
子宮外妊娠の原因のひとつは、クラミジアという性病です。 まさか性病なんて、と思うかもしれませんが、実はクラミジアは非常に感染率の高い病気。 ここでは子宮外妊娠とクラミジアについて説明します。 クラミジアとは 子宮外妊娠の […]
中絶との関係
中絶は、子宮外妊娠の原因にも関係しているため、出来るだけ避けるとともに、炎症を起こさないようにその後のケアをしっかり行うことが大切です。 ここでは、子宮外妊娠と中絶についてご説明します。 中絶が女性の体に及ぼす影響 何度 […]
帝王切開との関係
帝王切開も開腹手術のひとつですから、その後の妊娠時に子宮外妊娠を起こすリスクは高まります。 しかし、まずはお腹の母子の無事が最優先。 ここでは、帝王切開と子宮外妊娠の原因についてご説明します。 帝王切開が女性の体に及ぼす […]
原因不明の場合
子宮外妊娠の原因はいろいろ考えられますが、実際には原因不明というケースもたくさんあります。 また、卵管造影剤を使っての検査が良好でも、卵管妊娠を起こしたというケースも存在します。 一番可能性が高いのは「卵管の炎症」 子宮 […]