検査薬使用時の注意点|子宮外妊娠に気付くには

*

子宮外妊娠.com

子宮外妊娠に関する情報まとめサイト

TOP > 子宮外妊娠に気付くには > 検査薬使用時の注意点

検査薬使用時の注意点

子宮外妊娠であっても、体に妊娠反応は現れますので、適切な時期に妊娠検査薬を使えば陽性反応が現れます。

ここでは、検査薬使用時の注意点についてご説明します。

妊娠検査薬で検出されるもの

子宮外妊娠は、本来受精卵が着床するべき子宮内ではなく、卵管や子宮頸管など別の場所に着床が行われてしまうケースです。

そんな場所では赤ちゃんが成長できないと思うでしょうが、不思議なものでどこで着床しても母体ではしっかり妊娠反応が起こって、妊娠中に必要なホルモンが分泌されるようになります。

妊娠検査薬で検出されるのはこのホルモンなので、子宮外妊娠であっても普通の妊娠と同じように陽性反応が出るのです。

検査時期によっては反応しないことも

よく検査薬で反応がなかったから子宮外妊娠だとか、反応が薄かったから子宮外妊娠だという人もいますが、実際にはそういったことは関係なく、妊娠したのに反応が出なかったり反応が薄かったりするのはたいてい検査時期の問題です。

妊娠週数というのは微妙なもので、自分の計算と医師から言われる週数がずれていたりすることは珍しくありません。

スポンサーリンク

排卵日が予定と数日のずれがあることもありますし、赤ちゃんの成長具合で医師が週数に訂正を加えることもあるためです。

妊娠はデリケートなことですから、「そろそろ検査薬に反応するはず」と思っている日にはまだ反応しないということもよくあるのです。

妊娠検査薬には「生理予定日から一週間後」と記載されていますが、「性行為から三週間後」であればほぼ確実に反応しますので、一回の検査で反応がない場合は、二回検査をしてみるのも良いでしょう。

検査結果に安心せず兆候があればすぐに病院へ

このように、子宮外妊娠であっても時期が適切であれば検査薬には反応しますし、反応が薄いということもなくはっきり陽性になるものです。

しかし、はっきり陽性反応が出るということは、卵管など妊娠には適さない場所でしっかり成長しているということ。

早めに処置を行わないと、卵管破裂を起こす危険もあります。

卵管破裂は、激しい痛みがあるだけでなく、体内で大出血を起こして命にかかわることもある深刻な事態です。

子宮外妊娠自体は防ぐことはできませんが、検査薬などを上手く使って早く妊娠に気づくことで、卵管破裂などのリスクは減らすことができるのです。

スポンサーリンク

「子宮外妊娠に気付くには」の関連記事

妊娠初期の症状との違い
子宮外妊娠の症状は、普通の妊娠初期の症状にとても近いため、症状だけで判断するのは非常に難しいのが現状です。 ここでは、妊娠初期の症状と子宮外妊娠の症状の違いについてご説明します。 正常妊娠の判断ポイント 産婦人科において […]
妊娠初期の出血との違い
子宮外妊娠の不正出血は気になりますが、実は正常妊娠であっても妊娠初期に出血することはよくあります。 子宮外妊娠と妊娠初期の出血には、どのような違いがあるのでしょうか。 妊娠初期の出血 妊娠が確認されたタイミングで出血があ […]
生理との関係
子宮外妊娠中は生理くる?こない?という人がいますが、子宮外妊娠も妊娠していることには変わりありませんから、生理はきません。 ここでは、生理のしくみと子宮外妊娠についてご説明します。 生理の仕組み 通常の妊娠は子宮内膜に受 […]
生理出血との違い
子宮外妊娠に気づかない女性が多い理由のひとつはその症状である不正出血と生理の違いがわかりにくいためです。 不正出血と生理の出血には、どんな違いがあるのでしょうか。 生理出血と不正出血は似ている 子宮外妊娠の症状のひとつに […]
生理痛との違い
子宮外妊娠の痛みは、生理痛に例えられることもありますが、やはりそこには微妙な違いがあります。 子宮外妊娠の痛みと生理痛の間には、いったいどのような違いがあるのでしょうか。 痛みが持続するかがポイント 子宮外妊娠の症状とし […]
流産の症状との違い
妊娠反応があった後にある程度量の出血があると、子宮外妊娠と同時に流産も疑われます。 子宮外妊娠と流産の症状には、どのような共通点があり、どんな違いがあるのでしょうか。 流産の判断ポイント 妊娠検査薬や病院の検査で妊娠が認 […]
流産の出血との違い
子宮外妊娠と流産は、どちらもかなりの量の出血を伴うため、どちらかわからないというケースもあります。 子宮外妊娠と流産の出血にはどのような違いがあるのでしょうか。 流産と子宮外妊娠を見分けるのは難しい 子宮外妊娠と初期の流 […]
流産のHCGとの違い
子宮外妊娠と流産では、HCG値の推移が全く変わってきます。 流産のような状態になっても、HCG値がその後も上がり続けているということは、子宮外妊娠の疑いがあるのです。 HCG値とは HCG値とは、ヒト絨毛性ゴナドトロビン […]
検査薬の反応
子宮外妊娠であっても、妊娠検査薬には反応します。 ただし、検査薬で子宮外妊娠か正常妊娠かを判断することはできません。 ここでは、子宮外妊娠と検査薬の反応についてご説明します。 妊娠検査薬でわかるのは妊娠の有無のみ 子宮外 […]
検査薬が濃い場合
妊娠検査薬が濃いと子宮外妊娠ではないと言われることがありますが、これは本当でしょうか? ここでは、妊娠検査薬が反応する仕組みと、子宮外妊娠の可能性についてご説明します。 女性ホルモンの分泌量が多いと妊娠検査薬は濃くなる […]