基礎体温が下がった場合|子宮外妊娠に気付くには

*

子宮外妊娠.com

子宮外妊娠に関する情報まとめサイト

TOP > 子宮外妊娠に気付くには > 基礎体温が下がった場合

基礎体温が下がった場合

子宮外妊娠だからといって、高温期が続いていた基礎体温が下がるということは基本的にはありません。

流産をすると下がることもありますが、それも個人差があるので必ずしも下がるというわけではありません。

子宮外妊娠の場合は基礎体温は下がらない

子宮外妊娠は、着床した場所が適切でないというだけで、妊娠しているのは確かなので、妊娠反応は現れます。

そのため、基礎体温を測っていると、正常妊娠と同じように高温期が続くことになるのです。

どこで着床が行われようと、妊娠が確定し、受精卵や胎児が成長を続けている限り、高温期から体温が下がるということはありません。

基礎体温が下がるのは流産のとき

ただし、子宮外妊娠でそのまま流産になった場合は、基礎体温が下がることもあります。

これも、子宮外妊娠だからと言うわけではなく、通常の妊娠からの流産でも同じことです。

流産の場合は、体温が下がるときと下がらない時があるので、必ずしも下がらないから妊娠継続ということはありません。

胎嚢の心拍が止まってすぐに母体の妊娠反応がなくなるわけではないので、流産してもしばらくは高温期が続くということも珍しくありませんし、場合によっては数カ月先まで低温期が来ない人もいます。

スポンサーリンク

この点も、子宮外妊娠の場合も同様で、流産と同時に体温が下がる場合もあれば、流産しても高温期が続いたり、子宮外妊娠と判明して処置を行った後もしばらくは高温期が続くこともあります。

妊娠反応後に急激な低温期がくるのは異常な状態

とはいえ、いったん妊娠反応があるとなった後に、急激に基礎体温が下がって低温期が訪れるというのは普通の状態ではありませんから、子宮外であるかどうかに関わらず、診察を受けるようにしましょう。

子宮外妊娠の場合は、いずれにしてもその赤ちゃんは諦めるしかありませんから、卵管切除になるよりは、流産の方が母体への負担は少なくて済みます。そ

のため、子宮外妊娠と診断されても、10%程度の流産の確率がある心拍確認前であれば、流産の可能性を考えて様子を見るといった判断をする場合もあります。

いずれにしても、基礎体温をつけていれば、体の変化をいち早く感じ取れる可能性もあるので、つけておいて損はありません。

基礎体温の測り方については、子宮外妊娠中の基礎体温のページで解説しています。

スポンサーリンク

「子宮外妊娠に気付くには」の関連記事

妊娠初期の症状との違い
子宮外妊娠の症状は、普通の妊娠初期の症状にとても近いため、症状だけで判断するのは非常に難しいのが現状です。 ここでは、妊娠初期の症状と子宮外妊娠の症状の違いについてご説明します。 正常妊娠の判断ポイント 産婦人科において […]
妊娠初期の出血との違い
子宮外妊娠の不正出血は気になりますが、実は正常妊娠であっても妊娠初期に出血することはよくあります。 子宮外妊娠と妊娠初期の出血には、どのような違いがあるのでしょうか。 妊娠初期の出血 妊娠が確認されたタイミングで出血があ […]
生理との関係
子宮外妊娠中は生理くる?こない?という人がいますが、子宮外妊娠も妊娠していることには変わりありませんから、生理はきません。 ここでは、生理のしくみと子宮外妊娠についてご説明します。 生理の仕組み 通常の妊娠は子宮内膜に受 […]
生理出血との違い
子宮外妊娠に気づかない女性が多い理由のひとつはその症状である不正出血と生理の違いがわかりにくいためです。 不正出血と生理の出血には、どんな違いがあるのでしょうか。 生理出血と不正出血は似ている 子宮外妊娠の症状のひとつに […]
生理痛との違い
子宮外妊娠の痛みは、生理痛に例えられることもありますが、やはりそこには微妙な違いがあります。 子宮外妊娠の痛みと生理痛の間には、いったいどのような違いがあるのでしょうか。 痛みが持続するかがポイント 子宮外妊娠の症状とし […]
流産の症状との違い
妊娠反応があった後にある程度量の出血があると、子宮外妊娠と同時に流産も疑われます。 子宮外妊娠と流産の症状には、どのような共通点があり、どんな違いがあるのでしょうか。 流産の判断ポイント 妊娠検査薬や病院の検査で妊娠が認 […]
流産の出血との違い
子宮外妊娠と流産は、どちらもかなりの量の出血を伴うため、どちらかわからないというケースもあります。 子宮外妊娠と流産の出血にはどのような違いがあるのでしょうか。 流産と子宮外妊娠を見分けるのは難しい 子宮外妊娠と初期の流 […]
流産のHCGとの違い
子宮外妊娠と流産では、HCG値の推移が全く変わってきます。 流産のような状態になっても、HCG値がその後も上がり続けているということは、子宮外妊娠の疑いがあるのです。 HCG値とは HCG値とは、ヒト絨毛性ゴナドトロビン […]
検査薬使用時の注意点
子宮外妊娠であっても、体に妊娠反応は現れますので、適切な時期に妊娠検査薬を使えば陽性反応が現れます。 ここでは、検査薬使用時の注意点についてご説明します。 妊娠検査薬で検出されるもの 子宮外妊娠は、本来受精卵が着床するべ […]
検査薬の反応
子宮外妊娠であっても、妊娠検査薬には反応します。 ただし、検査薬で子宮外妊娠か正常妊娠かを判断することはできません。 ここでは、子宮外妊娠と検査薬の反応についてご説明します。 妊娠検査薬でわかるのは妊娠の有無のみ 子宮外 […]