クラミジアの場合|子宮外妊娠になる確率

*

子宮外妊娠.com

子宮外妊娠に関する情報まとめサイト

TOP > 子宮外妊娠になる確率 > クラミジアの場合

クラミジアの場合

クラミジアに感染していると、子宮外妊娠の確率が高いというデータがあります。

性感染症であるクラミジアと子宮外妊娠とはあまり関係ないように思われるかもしれませんが、実は非常に関係が深い間柄なのです。

クラミジアを放置すると

クラミジアとは、日本で最も多くの人が感染している性感染症です。

性交渉などで簡単に感染するのですが、症状が現れにくいため感染しても気が付かないケースも多く、さらに別の相手と性交渉を行うことで感染を広げてしまいます。

症状もおりものの増加や、下腹部の痛みなど、女性にはよくある体の不調と間違えやすいものが多く、なかなか症状から感染に気付いて治療を行うというケースは少ないかもしれません。

このクラミジアは、数日間薬を飲むことで簡単に治療することが可能なのですが、気が付かずに放置していると、子宮の奥まで感染が進み、卵管に炎症を起こしてしまうことがあります。

そうなると、卵管の通りが悪くなって、子宮外妊娠の原因となるのです。

子宮外妊娠になる確率は20%程度

クラミジアに感染しているといっても、必ずしも卵管まで炎症が達しているとは限りませんし、子宮外妊娠になるとも限らず、その確率は卵巣に炎症がある状態で20%程度だと言われています。

スポンサーリンク

子宮外妊娠の本来の発症率である1%に比べると格段に高い数字ですが、それでも必ず発症するわけではありません。

それでも検査を行い、治療しておくことでリスクを下げられるのであれば、やっておくべきでしょう。

クラミジアの検査は自宅でも可能

クラミジアの検査は、産婦人科や泌尿器科などでも受けることが可能ですが、受診するのが恥ずかしいという人や、検査に抵抗があるという場合は、自宅で検査できる性感染症検査セットもあります。

申し込みをすれば検査キットが送られて来るので、自分で必要な粘液などを採取して送り返せば、感染の有無がわかるという仕組みです。

これなら手軽に検査することができますので、パートナーがいる人は1度検査してみるといいでしょう。

匿名での検査もOKなので誰にも知られることなく性病検査を受けることができます。

陽性の際はかならずパートナーにも検査してもらい、一緒に治療してから妊娠に向けて頑張りましょう。

スポンサーリンク

「子宮外妊娠になる確率」の関連記事

胚盤胞移植の場合
胚盤胞移植とは、体外受精の方法のひとつで、子宮外妊娠になる確率が低いというメリットを持つ方法です。 ここでは、胚盤胞移植と、子宮外妊娠の関係についてご説明します。 胚盤胞移植とは 不妊を解消するための方法として体外受精を […]
初産の場合
子宮外妊娠は、経産婦の方がなる確率が高いことがわかっています。 つまり、初産で子宮外妊娠になる確率は、きわめて低いのです。 ここでは、初産と子宮外妊娠についてご説明します。 子宮外妊娠になる確率は0.02%とごくわずか […]
体外受精の場合
不妊治療の一環として体外受精をする人が増えていますが、実は体外受精は意外と子宮外妊娠になる可能性が高いのです。 ここでは、体外受精と子宮外妊娠についてご説明します。 子宮外妊娠になる確率は1~5%と自然妊娠時より高い 体 […]
高年齢者の場合
子宮外妊娠になる確率は、年齢によって違ってくることがわかっています。 年齢が高くなるにつれて子宮外妊娠の発生率は高くなっているので、高年齢での妊娠の場合は特に注意が必要です。 40代以上は子宮外妊娠の確率が高まる 子宮外 […]